世界で最も環境に優しいカジノ6選

カジノに行く人の中には、実店舗のカジノがどれだけサステナブルな社会を目指して取り組みを行っているかを気にしている人が多くいます。カジノでは照明や空調設備が常時稼働しているため、すべてが環境に優しいとは考えにくいですが例外はあります。ここでは、世界の環境問題の改善に取り組んでいるカジノを6つご紹介します。

メルコリゾーツ&エンターテインメント

アジアの大手ギャンブル企業は最近、環境保護に取り組む方針を決定しました。このカジノではお客様も従業員も使い捨てのプラスチックの使用を禁止にしました。今後は、再利用可能な包装材を使用し、再利用可能か可能ではないかなどのラベルを付けて、包装材の種類を識別することを開始しようとしています。そうすることで、それぞれのゴミを最適な方法で処理できるようになるからです。

ザ・ベネチアン・マカオ

マカオのグリーンホテル・プラチナ賞を初めて受賞したカジノホテルです。環境負荷の低減に努めた結果、今回の受賞に至りました。このホテルは、サステナビリティを推進するための戦略を実施し、その努力はとても明確でした。電気自動車用の駐車場を設置し、生ゴミを減らし、環境にやさしいマットレス交換の仕組みを導入しました。また、LED照明に切り替えることで、年間5万世帯分の電力を節約することに成功しました。

MGMリゾーツ

MGMチャイナもグリーン化方針を決定しました。プラスチック製のストロー、カトラリー、包装材を一切使用しない計画を発表、環境問題の改善に取り組んでいます。しかも、この戦略は、フランチャイズ全体で実施する予定があり、毎年80万本以上のストローと47万個のテイクアウトボックスを削減することができると推定されています。

リゾート・ワールド・セントーサ

シンガポールにあるこのカジノリゾートは、環境汚染を止めるためにプラスチック製のストローの使用を禁止することを決めたリゾートの一つです。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールやS.E.A.水族館を含む、すべてのエンターテインメント施設がこの戦略を導入しています。これにより、埋立地に捨てられる1トン以上のプラスチックが削減されると推定されています。

マンダレイベイリゾート

このリゾートは、ホテルの厨房で廃棄される食品をできるだけ少なくするために最善の努力を尽くしています。また、地元産の食材のみを使用することに注力し、廃棄物は施設内のリサイクル場で分別しています。地球温暖化を改善するために真剣に食品ロス問題に取り組んでいるカジノです。

シーザース・エンターテインメント

このカジノは、地球を守るための取り組みが評価され、2010年に「環境リーダー賞」を受賞しています。それ以来、「クリーン・ザ・ワールド」などの非営利団体と協力し、200万個以上の石鹸を世界中の人々に寄付しています。また、このカジノでは、未使用のトイレ製品を世界の貧しい人々に送り、無駄を減らすために力を入れているだけではなく、環境問題についてスタッフ教育も行っています。